About Atachitach

【Atachitachi 】(読み:アタチタチ)

 

飯森沙百合、西山友貴によるダンスユニット。

同い年、同じサイズ、同じ血液型。

共にCo.山田うんに所属。

身体を通して共感することを軸に自分たちのテンポで活動を展開する。

これまでは個人名での活動を続けてきたが、2018年ユニット〈Atachitachi 〉を結成し、再始動。

同年、ユニット結成第一弾としてダンス×音楽即興ライブ「みちてくる」を企画。3日満月とコラボレーション。また、アゴタクリストフの小説「悪童日記」を題材に「ぼくらの記(しるし)-work in progress-」を喫茶茶会記にて発表。

そのワークインプログレス公演を経て、翌年8月には初の単独公演となる『PeepHole』を3日満月との生演奏で実現した。​『PeepHole』SPICE取材記事→ https://spice.eplus.jp/articles/249089 

他にもSense Island  -暗闇の美術島-にて横須賀にある無人島猿島でパフォーマンスを行うなど活動は多岐に渡る。

​(c)大洞博靖

Art Sticker はじめました!!!

Art StickerアプリをダウンロードしてAtachitachiの活動を応援してください!

今後の活動予定なども順次アップしていきます。

​よろしくお願いいたします!

https://artsticker.app/share/works/detail/10839

​(c)大洞博靖

Works 作品についてはWorksページをご覧下さい​ 

■2019年 11月      Sense Island -暗闇の美術島-特別パフォーマンス(Produced by The Chain Museum)

                               『texture of memory』(横須賀猿島)

■2019年 11月      『PeepHole』ハノイ青年座劇場(ベトナム)

■2019年 8月      『PeepHole』spaceEDGE(東京)

■2018年 12月    『Two』ノバホール(茨城)

     11月  『ぼくらの記 short Ver.』パルテノン多摩(東京)

■2018年 8月-9月  『ぼくらの記』喫茶茶会記(東京)

              8月         『Hyogen 夏のライブツアーin松本』ビオパーク劇場(長野)

              4月         『ダンス×音楽即興ライブ みちてくる』カフェムリウイ(東京)

■2017年 2月         『凸と凸』横浜赤レンガ倉庫(横浜)

              7月         『ワイルドマーケットライブパフォーマンス』花蓮ビーチ(台湾)

■2016年 12月       『Attachment』Machol Shalem Dance House(イスラエル)

                8月       『詩とダンス』学園坂スタジオ(東京)

                2月       『Attachment』横浜赤レンガ倉庫(横浜)

■2015年   6月       『Attachment』青山スパイラルホール(東京)

(c)大洞博靖

Prize

 

■2016年 12月  Jerusalem International Choreography Competition 2016 セミファイナリスト(イスラエル)

     2月  横浜ダンスコレクション2016コンペティションⅠ ファイナリスト(横浜)

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now